Music Bar Night Noise blog

ミュージックバー・ナイトノイズ。札幌市中央区南6条西3丁目というすすきの。 ロックやワールドミュージック、プログレッシブロック、ニューエイジ、フォークロック、ハードロックなどをBGMにゆるく飲んだくれております。自家製コーヒー焼酎、氷なしハイボール、日本酒etc

ここのところ第2桂和ビルを見つけられず迷子になる方が数名。

見つけにくくて申し訳ないです。
こんな場所にあります。

駅前通りの満龍から来ると、第2桂和ビルの看板が見えません。
 
ただし第8桂和ビルの看板が見えますからそれが目標になります。
 
第2と第8はくっついてますので。
 
 map


黒の破線は好奇心たっぷりの方向けの経路です。
 
ビルの中をつっきるので雨や雪でも比較的大丈夫(笑)


ビール1

20時まで来ていただいた方にはビールかハイボールの1ドリンクサービス ということで。

こんなことをやってみる(笑)

クソ暑いのでクソビールかクソハイボールを(ワンピースのサンジ風)

 あ、ハイボールは冷凍庫に入ってるスコッチかバーボンを使います。

Music Bar Night Noise

向こうも40歳もすぎててびっくり。
それはそうだよなあ。
なにせ20数年ぶり。
 
いろいろ思い出話をしてたらだんだん記憶がよみがえってきて。
 
2時になったので場所をBAR miyataに移して歓談。
 

当時球技大会のバスケット競技では、自分のクラスが毎年優勝でした。
なぜなら担任も学生と一緒に出場していいというルールで、こちとらバスケット部の顧問兼コーチ兼レギュラーフォワードガード。

社会人選手相手に普段やってるわけだし、その辺の学生に負けはしなかった。
 
ところが、たぶん、たしか一回だけ負けた相手が今日来た教え子。
彼が一年生、こっちが2年の担任の時決勝で対戦。
むこうが先に1ゴール決めた後、試合終了までボール回しされて2-0で敗退。
球技大会でオフィシャルなんていないから30秒ルールなんてなかったんだよね。
そこをつかれてしまった。
 
あの時はてめえら攻めてこいや、男じゃねえ、と思ってイラついたって言ったら、彼曰く、こっちはなんでバスケ部の顧問が出てくるんだと思ってました、と。
で、攻略方法をみんなで考えた結果時間稼ぎ作戦をしました、それを思いついたのは岡田です、って。
20数年後に明かされた真実、というかチクリがきた。
 
わかった。
 
岡田、会う事があったらただじゃおかない(笑)

このページのトップヘ