【プログレってなに?】

ナイトノイズというバーでロックやワールドミュージック、プログレッシブロック、ニューエイジ、フォークロック、ハードロックなどをBGMにゆるく飲んだくれておりました。いまやアコースティックなロックバンド、シンリトラと酒のブログ。ミヤタフェスティバル、北海道ぷろぐれ絵巻、北海道プログレ情報コミュ、札幌プログレセッションなどのライブイベントネタも。

GOB700ヘッド裏シリアル

(Greco in 1977 GOB-700)


学生以来の本番使用を目指して弦を太いのに交換、ネックの調整をして弦高も微調整。

ブリッジのパーツが一部腐ってて調整不能のところもあるけど、まあなんとか。

だいぶいい感じになってきたかな。


でもここ10年くらい細い弦のセミアコベースを使ってたので、ピッキングの感覚がまだしっくりこない。

おまけに数十年ぶりの指弾きもチャレンジ中だし。


とはいえ一番辛いのはGOB-700の重量。

重くて肩や首が痛くなる。

ベースも年だけど、自分も年だなあ(笑)

10月23日の本番までには慣れないと。

今日も店が終わってからコーヒー焼酎をちびちびしつつちまちまと弾こう。

コーヒー焼酎とシャンデリア

コーヒー焼酎は真心こめて作ったすすっと飲める自家製。

すっきりしますよん。



 



たま~にネタで映像を流すROCKBITCH。

ほぼ間違いなく当たり前のようにそのステージ衣装に目がいくんですが。

おっぱい談義になるんですが。


しかしある男だけは違った。

じっと見てた後に出た質問。


「これいつぐらいのバンド?」

「90年代末から2000年代の頭ぐらいじゃなかったかなあ」

「ああ、やっぱり。マーシャルのヘッドを見るとそうだもんな。」


そこか?

そこなのか?

この映像で目はおっぱいじゃなくてそっちに行っちゃうのか。

普通おっぱいだろ。

おっぱい以外ないだろ。

マーシャルどうでもいいだろ。

と、突っ込まざるを得ない(笑)


そんなジョナサンはパワースレイブスタジオのマネージャーです(笑)




 

20160918フライヤー

ずっと関わってきたミヤタフェスティバル

出演者も見に来てくれる人たちも、とてもいい雰囲気で大好きなライブイベント。

レベルは関係なく、とにかく音楽が好きなひとたちの集まりで、みんなで楽しもうという感じが最高。


それが今年もやってきました。


まずは今度の日曜日、9月18日。

ぐだぐだ飲みながらステージの進行をやってます。

興味がある方、ぜひどうぞ。

多少ですが当店にもチケットあります。

飲みましょう。

楽しみましょう。


そして次が10月23日(日)。

ステージの進行だけではなくベースを抱えて仲間と一緒に出演します.

去年はこんな感じで


LED ZEPPELINで遊んだけど、今年は学生時代以来のジャンルの曲で四苦八苦中(笑)

速くて腕動かん(笑)

でも騒ぎますよん。

--------------------------------------------------------

ということで申し訳ありませんが

ナイトノイズは
9月18日(日)
21時オープン

となります。

ご了承くださいませ。



 

 南1条じゃなくて南16条かぁという勘違いで猛ダッシュで向かったこひつじ幼稚園。

幼稚園、そして園児もいるということを考えてゴジラのTシャツを着て。


副園長さんが「いっぽんゆびのはくしゅ♪」でお客さんを巻き込んで始まったオオフジツボのライブ。

堪能しました。

前半のラストの曲、「空駆けるもの」は奇数拍子好きには極上のご馳走でした。

休憩でその曲が入ってるアルバムを即購入。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

耀の遠心 [ オオフジツボ ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/9/12時点)




後半、期待してた「Alexandrite Set」が炸裂。

ひゃっはー、ですね。

オオフジツボこひつじ


いやあ凄くて楽しかった。

幼稚園という場所がまたなんとも言いようがないいい雰囲気で。

難解なところも多いのに園児たちはちゃんと聞いてたなあ。

立ち上がって手拍子してる子もちらほら。

なにか貴重な体験した気がする。

しかしオオフジツボを味わった園児は大きくなったらどうなるんだろうか(笑)


オオフジツボのみなさん、どうもありがとうございました。

終わってからこっちの時間が無くて、買ったCDにサインをもらえなかったのが残念無念。

でも握手できたからいいか(笑


夜は店に戻って普通に営業、オオフジツボ三昧。

3人なのに音が厚いなあと思って聞いてたライブ。

店でアンプのグラフィックイコライザの動きを見てたら、ギターが低音、バイオリンが高い方でお互いが重なることもなく。

そしてアコーディオンが両方をまたがってる。

盛り上がってくると最低音と最高音を除いて各音域万遍なくという感じ。

改めて目で見てほぉぉぉぉぉぉぉぉ。


しかしあの副園長さん、こひつじ幼稚園恐るべし(笑)

ちなみに「いっぽんゆびのはくしゅ」がこれ。



自分が関わってるライブイベントでもやってみるかな(笑)


このページのトップヘ