_(⊙ꇴ⊙)_ ♪♪♪♪

ナイトノイズというバーでロックやワールドミュージック、プログレッシブロック、ニューエイジ、フォークロック、ハードロックなどをBGMにゆるく飲んだくれておりました。いまやアコースティックなロックバンド、シンリトラと酒のブログ。ミヤタフェスティバル、北海道ぷろぐれ絵巻、北海道プログレ情報コミュ、札幌プログレセッションなどのライブイベントネタも。



デヴィッド・フュージンスキー凄い。

ちなみに上原ひろみ、顔がうちの姪っ子に似てる気がして仕方がない。


Hiromi's Sonicbloom
上原ひろみ - ピアノ、キーボード、シンセサイザー
デヴィッド・フュージンスキー  -  ギター
トニー・グレイ - エレクトリックベース
マーティン・ヴァリホラ - ドラムス

札幌でテルミン入りのライブを見られるなんて考えたこともなかったので、行ってみた。

会場に入ったらくろにゃんズがかわいい子と一緒にいたのですぐ突っ込んだ。

「まさか名前がてるみちゃんで愛称てるみンという子とやるんじゃないだろうね(笑)」

「そういうネタじゃないですよ。ちゃんとテルミンですよ。ステージにありますよ、テルミン。」

全力で否定され、もちろんテルミン奏者の子はてるみちゃんという名前ではなく(笑)


振り返るとたしかにステージ上にテルミンらしきものが。

なぜか月刊ムーのシールが貼ってて陰謀論やらなにやらがうずまいてたりこれから宇宙人と交信し始める気がした(笑)


で、そのくろにゃんズ。

TS3R0264 (2)

初めて見る生テルミンです。

かわいい顔して怪しげな手つきです。

どうやら会場内にもだいぶインパクトがあったみたいで、テルミンとはなにかググる者、値段を調べた者、自分の出番でギターソロ中テルミンのモノマネをする者、etc。

奏法、出音、ほんと不思議。

もし自分がテルミンを使うとしたらどんな使い方をするか。

昨日からちらちら考えてしまいます。

ということは自分にとってもインパクト大なんだなあ。

おもしろい楽器だ。


途中で(仮称)てるみちゃんの胸の文字、よく見たら「THEREMIN」だと気が付く。

テルミンのTシャツがあるとは。

終わってから(仮称)てるみちゃんに聞いてみたら背中も見せてくれた。

TS3R1119 (2)

「お手を触れないでください」がツボ(笑)

いいな、このTシャツ。

検索しても出てこないので自分で作ったのかな。


*くろにゃんズ
https://www.youtube.com/user/sayziA/featured
ちょこちょこいろんな構成でライブしてます。
私もカホンでたま~に。




テルミン、バンドアンサンブルの中ではこんな使い方もいいのかな。

この曲のロバートフリップのギターみたいな感じ。





ミュージックバーナイトノイズ時代に定期的にやっていたちびちび日本酒大会。

店はやめたけどやっぱりみんなで日本酒を楽しみたいよね、ということでやりました。

タイトルに『男だらけの』『ポロリもあるよ』などと適当につけてみたらあっという間に定員。

ちびちび日本酒大会史上最速。

しかも若干定員オーバー。

びっくりしたわ(笑)

そんなに『ポロリ』が好きなのか・・・・

ということで食べ物飲み物はいつもより多めに用意して当日。

お酒はこれ。

75594345_344269733057643_5241425509325209600_n

大信州みぞれりんご梅酒
出羽鶴純米大吟醸MAPLE
越乃景虎洞窟貯蔵名水特別純米
雨後の月純吟ひやおろし千本錦
伝心純米原酒生詰「秋」
酔鯨純米吟醸吟麗秋あがり
久保田千寿純米吟醸(久保田誕生35周年)

さらに?コーナーでは

華一風55純米吟醸
百十郎純米吟醸無濾過生原酒
〆張鶴しぼりたて生原酒(アルコール20度!)

がさく裂。

日本酒以外ではなつかしのナイトノイズ特製自家製コーヒー焼酎。


食べ物のメインは日本酒だけで煮る鍋。


78159904_794650667627929_3387357156356390912_n (2)

白菜をどさっと入れ豚肉やら鶏肉やらきのこ類やらを突っ込んだ大きめの鍋に日本酒をどぼどぼどぼどぼ。

水は入れず、日本酒と白菜から出る水分でことこと。

四合瓶をどぼどぼ入れるのがまた気持ち良かった(笑)


78944984_2461852563863627_3696562271586091008_n

軽く鳥ガラと塩コショウしただけのシンプルな鍋。

素材の味たっぷりのものをポン酢でいただき。

いろんな肴を口にしたあとなので果たして食いきることができるのか?

ところがあっさりだからなんぼでも入る入る。

この鍋を二回。

そしてまんぷく状態からさらにうどんを放り込んでとどめ。

きれいに食べきりました。


飲んだ食ったしゃべった。

楽しかったなあ。


ご参加のみなさん、ありがとうございました。

協力いただいた青柳酒店さん、BAR miyataさん、ありがとうございました。


また来年どこかでやりますか。

>

たけだのりこA4_縦 - 1009 - 2 outline

たけだのりこピアノコンサート
2020年1月26日(日)
開場15時・開演15時30分
入場料 1,500円
会場 渡辺淳一文学館
札幌市中央区南12条西6丁目

主催
たけだのりこピアノ教室

たけだのりこ 
プロフィール札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース卒業。
ヤマハファミリーコンサート、北広島アーティストコンサート、第41回クオドリベットアーベントⅧ、時計台の鐘コンサート等に出演。
ピアノソロ、伴奏、アンサンブルのほか、ピアノトリオ編成のロックバンド「シンリトラ」に参加。
ピアノ講師として活動する傍ら、演奏活動を行っている。
現在、ヤマハミュージックリテイリング札幌店ピアノ科講師。
ハイメスアーティスト、北広島音楽協会アーティスト部、各会員。


 



シンリトラ
オダギリサトシ  ベース、パーカッション、ボイス
ミズグチタカユキ ドラムス
たけだのりこ ピアノ

Riverdance / Celtic Spirit Red / King Crimson Child's Anthem / TOTO Toxicity / System OF A Down Irish Coffee Malaguea / Ritual del Fueg The World Became The World / P.F.M

16日(土)FIBER ASSEMBLY vol.ONE観戦。
ジャンルはよくわからないんですがノイズ、アヴァンギャルド、プログレ、アート、スペースロック、etc、個性的なバンドばっかりで楽しかった。

で、いつもとちょっと違うF.H.C。

TS3R0245

ギターというくっきりとした音が入るとまた雰囲気も変わってきておもしろい。

よりロックっぽくなるね。

かっこよかったです。

で、そのあと音楽談義で調子こいて飲みすぎた。


17日(日)ミヤタフェスティバル。

前夜の飲みすぎにも関わらずひたすら裏方仕事。

全7バンドのリハが大きなトラブルもなく終われば、ほとんど終わったも同然。

本番は時間通り進めるのみ。

TS3R0247

ということで盛り上がっておりました。

相変わらず祭りだ、祭り(笑)


ミヤタフェス20191117フライヤー
ぷろぐれ絵巻だなんだでこのブログに書くのを忘れてた。

今年最後のミヤタフェスティバルが明日。

なぜか毎年11月の方は邦楽ロックがほとんどになる不思議。

となると結構場内大合唱とかになるんだよなあ。

日本語だと歌いやすいし、まさにお祭りであります。

このお祭りを堪能しにどうぞいらっしゃってくださいな。


シンリトラは10月の方に出たので今回は裏方に専念。

そうなると俺も少しは酒も飲めるかな(笑)

75587569_3130158220388333_157633747963871232_o

たくさんのお客様で力が入りました。

演奏に気合い入りすぎて、終わってから酸欠状態でひーひー、頭ぼーでした。

でも熱くなってプレイするのはほんと楽しい。

本当にありがとうございました。


トップバッターで演奏を済ませたあとは観戦。

F.H.C、canada、流転想思の3バンドともおもしろかった、楽しかった。

みんなそれぞれ進化してるし、いろんな個性のバンドでどれを見ても刺激になります。

6月より凄かったんじゃなかろうか。

出演者だけでなく、お客様の力がイベントを育てるんだろうなと実感した夜でした。


シンリトラの今年のライブもこの北海道ぷろぐれ絵巻五巻でラスト。

春まで冬眠、それまでゆっくりネタを考えようっと。