_(⊙ꇴ⊙)_ ♪♪♪♪

ナイトノイズというバーでロックやワールドミュージック、プログレッシブロック、ニューエイジ、フォークロック、ハードロックなどをBGMにゆるく飲んだくれておりました。いまやアコースティックなロックバンド、シンリトラと酒のブログ。ミヤタフェスティバル、北海道ぷろぐれ絵巻、北海道プログレ情報コミュ、札幌プログレセッションなどのライブイベントネタも。

札幌市民ギャラリーで行われてる道展も今日が最終日。

ということで行ってきました。

目当てはこれ。

TS3R0236 (2)

福地秀樹・種子2(木版)

どんな作品か事前に写真で見てはいたんだけど、実物を見たら印象がまったく違った。

これが視界に入った瞬間、来た来たって感じ。


写真だと細かいところわからないし質感も。

大きさからくる迫力というのも伝わってこないし。

やっぱりこういうものは生で見るに限る。


TS3R0236 (3)

ということでどアップにしてみた。

うーむ。

生で見ましょう(笑)


他にも興味深いもの、好みなものがたくさんあって2時間近くゆっくりと見てまわりました。

TS3R0233

こういうの好きだなあ。


TS3R0234

これも好み。

こういう絵柄なのに動きや奥行きや見えない広さを感じてしまう。

しかしこれは写真じゃ伝わらないなあ。

ほんと実際の質感も含めて楽しみたいところ。


TS3R0235

なんとなく映画に出てきそうだ。

見てると人も浮かんでくる。

家のどこかにぽんと置いておきたい。


TS3R0237

人間くささを感じてこの女性に興味津々。


TS3R0238

これは・・・・ええと・・・・言葉にできない。

なぜかよくわからないけどめちゃくちゃ心にひっかかった。







1989年結成のスコットランドのケルトロックバンド、Wolfstone。

ケルトのメロディはなんでしみるんだろう。

ほとんど同じ繰り返しなんだけど、くるなあ。

どんどん盛り上がってくるし、こういうの大好き。



アルバム2枚買いました。

いいんだけどボーカルが・・・・

歌の部分だけがなんというか・・・・

いまいち好みに合わない・・・・

インストバンドで良くないか・・・・

4 シンリトラ 2 (0-02-11-20)


10月20日ミヤタフェスティバルでのシンリトラ終了。

聞いてくれたみなさん、ありがとうございました。

6月に北海道ぷろぐれ絵巻に出た後新しい曲に取り組み、曲のアレンジもあちこち手を加え、個人的にはベースの音質も変え、そして迎えたミヤタフェスティバル。

かなり燃えてプレイできたかなあ。

熱くて気持ち良かった。



その後の打ち上げで聞いてくれた人から「6月のぷろぐれ絵巻の時よりロックだった」と言われてちょいとうれしいぞ。

アコースティックな楽器でロックするんだ、と思ってやってるもんで、少しは進んだかなと。

さて次のライブは11月10日の北海道ぷろぐれ絵巻。

今年最後のライブ、次のライブは来年初夏であろう、なのでがっつがっつ30分間ノンストップで弾きまくるぞ。

終わったら飲みまくるぞ。

お時間ありましたらぜひお越しくださいな。

71560417_1679613488840310_286519548943794176_n

TS3R0211boss


台風のおかげで三日遅れ。

しゃあないわなあ。

途中何事もなくて良かった。

佐川さん、感謝。


もうちょい音程の表示文字がでかくてもいいなあ。

と思いつつも、オクターブ調整やらなにやらでフル使用。

そして今度の日曜日のライブでぶっつけで使う。

使い方も把握したので問題はないはず。

あとは音質。

どれだけ変わるかなあ。


ここ二か月で4弦を切った、というのはおいておいて。

チューナーが続けざまに2台おしゃか。

TS3R0208

チューナー機能しか使ってないZOOMのマルチエフェクター、イバニーズのチューナー。

どっちも恐ろしく古いのでまあ仕方がないか。

残るはクリップチューナーが一個。

いやあライブ中はクリップチューナーは嫌だなあ。

見た目もそうだけどライブ本番ではまわりが演奏中にチューニングすることになるし、ほかの音の振動ひろっちゃったらチューニングも怪しくなりそう。

なのでやっぱり足もとにでかいディスプレイというのが欲しい。


ライブも近いし急ぎ楽器屋さんを回ったら、なんとクリップチューナーだらけで自分が欲しいタイプのものが無い。

なんてこった。


しゃあない。

ネットで検索、良さげなチューナーを探し値段を調べる。

結局BOSS TU-3に決定、注文。

さてどんな使い勝手かな。

音質はいかに。

心静かに今度の日曜日の到着を待とう。



そしてその次の日曜日はミヤタフェスティバルであります。

チューナーが間に合った(たぶん)

チケットは当日受付取り置きもできるのでご連絡くださいな。



ミヤタフェス20191020フライヤー



71560417_1679613488840310_286519548943794176_n

シンリトラ、トップバッターです。

今年最後のライブ、ガンガン行きたいなと思っております。


【2019年11月10日日曜日】
「北海道ぷろぐれ絵巻五巻」
OPEN 18:30/START 19:00
LC ¥1,500+要1ドリンクオーダー

出演バンド

・シンリトラ(元リトラ)
おだぎりさとし ベース、パーカッション、ボーカル
みずぐちたかゆき ドラムス
たけだのりこ ピアノ

F.H.C.
かさいあつし チャップマンスティック
留美 鍵盤
春名泰司 ドラムス

・canada
及川量裕 ギター
北川勇介 ギター
坪田佳之 チューバ
渋谷徹 ドラムス

・流転想思
Moriken ギター
大﨑健太 ベース
伊藤勝大 ドラムス



Live&Bar D-Bop
札幌市中央区南1条西19丁目291番地 山晃ハイツB1F(山崎建設工業ビル)
https://www.d-bop.com/
 

TS3R0203献杯

今日が命日という先輩がいまして。

そうか、でも9月なんて一人二人じゃないしなあ。

ということでとりあえずつまみも用意して献杯用意。

グラスも・・・とりあえず3個。

足りるのか?

まあどうせ全部自分で飲むわけだけど(笑)


新生姜、南蛮漬け。

おやじが作ってたっけなあ、という刻んだネギとノリに醤油をかけたやつ。

香りがたまらん。

おやじと違って醤油少な目、そしてごま油追加、ですが。

イカリング、タコ頭。

みんな自分が好きなやつであります(笑)

特に大好きなタコ頭。

ちょうど一番好きなこりこりするところだけがパッキングされたやつがあって、当然買ってきた。

ここが旨いのよ。

好きなのよ。

さて味わうぞ。

やることがあるし、明日もあるのであまり飲めないけど。


タコ頭タコ頭タコ頭たっぷり。

いやあ、いいなあ。



さて献杯どこいった(笑)




追記

ネギのりが旨くてもうちょっと作る(笑)



 

70607020_2319147904800761_6211565678399324160_n

李世福・陳信輝・Tammy今井・美姑@チャックベリーのライブに行ってきた。

人がびちびちの熱気むんむん。

ワンマンということで休憩はあるだろうと思いきや、あっというまの2時間。

堪能しました。

ベースソロがたくさんでベース弾きとしてはそれも堪能しました。


しかしタイトルや歌詞に「横浜」というのが入るとなんかかっこいいな。

ロックロールというかブルースというか。

「札幌」だと演歌や歌謡曲っぽいもんなあ(笑)

ずるいぞ「横浜」(笑)



 

ミヤタフェス20191020フライヤー
2009年から始まったミヤタフェスティバル。

ということは今年11年目?

出演バンド探しから苦労してたけど、いまや年に二日間やるという状態まできました。

いやぁたいしたもんだ。


ということで(リトラ改め)シンリトラ、10月20日に出ます。

広いところでグランドピアノが使えるぜ。

やるぞ。


ミヤタフェスティバル2019
2019年10月20日 日曜日
open:15:30 start:16:00前売:1,000円 当日:1,500円
別途入場時ドリンク代500円
会場
パーティハウス フィエスタ
札幌市中央区南3条西1-3-3マルビル2F

主催
BAR miyata
札幌市中央区南4条西4丁目 第5グリーンビル3F


チケット受付取り置きは私までご連絡くださればなんとでもします。
https://twitter.com/play_themusic