いつものインフルエンザが今年度は減った、という話がちらほら。


実際どうなんだろうと調べてみた。


以下厚生労働省の2/28プレスリリース「インフルエンザの発生状況」からのグラフ。
https://www.mhlw.go.jp/content/000601000.pdf


FireShot Capture 042 -  - www.mhlw.go.jp

2017年から現在までの推移。

今年のピークがめちゃくちゃ低い。

へえええ。

新型コロナ騒ぎで感染対策意識が向上したおかげなんだろうなあ。


ちなみに。

Q10.
通常の季節性インフルエンザでは、感染者数と死亡者数はどのくらいですか。


例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。
国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人です。
また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。