シンリトラ/SinLitra

ナイトノイズというバーでロックやワールドミュージック、プログレッシブロック、ニューエイジ、フォークロック、ハードロックなどをBGMにゆるく飲んだくれておりました。 いまやアコースティックなロックバンド、シンリトラと酒のブログ。

タグ:ぷろぐれ絵巻

TS3R0179SGベース

ネックをいじっては寝かしておいたGibsonのSGベース。

だいぶいい感じになったのでスタジオに持ち込んでリトラのリハに使用。

鳴らしてみるといい感じ。

ヘビーだぜ。

がんがん愛着がわくぜ。

かわいいぞ、SG。

10月頭の札幌プログレセッションでこいつを使おうっと。


さてリトラは新曲に取り組み中。

そして今までの既存の曲も各自改良中。

おかげでだいぶぐちゃぐちゃなところが出てきたけど、これも通過地点。

試行錯誤の繰り返しだ。

次のライブは10月後半のミヤタフェスティバルなので、それまでに固めることができたらいいな。


あっと。

次回の北海道ぷろぐれ絵巻は11月10日に同じくD-Bop予定。





 

64930912_2162257687156451_703526938848788480_n

ご来場の皆様、どうもありがとうございました。

ぷろぐれ絵巻というライブイベントに初めて出させてもらったけど、うーむ、堪能した堪能した。

ずっと気になっていたライブイベント。

でも店をやってた関係上今まで見に行くことができなかったんだけど、遂に乱入。

自分の演奏も楽しかったけど、他のみなさんのライブを見てるのもやっぱり楽しかったなあ。

インプロ主体のジャズロック、ポリリズムと変拍子の権化、ノリノリで迫力あるジャズロック・・・それぞれが個性的なバンドでおもしろくて楽しくて、自分の出番が終わった後完全にお客さん気分で堪能してしまった。

流転相思、F.H.Cのライブは何度か見てて相変わらず凄いことをしてたけど、初見だったのがcanada。

TS3R0140 canada


いやあ良かったです。

ベースのかわりのチューバがド迫力。

個性が違うギタリスト二人にまた元気なドラム。

パワフルなジャズロックというべきなのか。

おもしろかったおもしろかった。


3バンド触発にされてオリジナル曲をやりたくなってきた。

うーむ、どうするか考えよう。




次回のぷろぐれ絵巻は11月予定とのこと。

みなさん、またお会いしましょう。


北海道ぷろぐれ絵巻 四巻

2019年6月23日(日)19:00~

出演バンド

リトラ/F.H.C/流転相思/canada


Live&Bar D-Bop

札幌市中央区南1条西19丁目291番地 山晃ハイツB1F(山崎建設工業ビル)

https://www.d-bop.com/


このページのトップヘ