Music Bar Night Noise blog

ミュージックバー・ナイトノイズ。札幌市中央区南6条西3丁目というすすきの。 ロックやワールドミュージック、プログレッシブロック、ニューエイジ、フォークロック、ハードロックなどをBGMにゆるく飲んだくれております。自家製コーヒー焼酎、氷なしハイボール、日本酒etc

タグ:オオフジツボ

今年もやってきましたオオフジツボ。

去年は幼稚園のホールでのライブ。

その雰囲気が妙におもしろくて、オオフジツボの世界を堪能。

新曲の「空駆ける者」がかっこよくて即そのアルバムを買ったっけ。


今年は日程を見ると北海道ツアー最終日が一番行ける。

場所はふとみの万葉の湯。

温泉も味わえるしいいな、と。

でもどんな雰囲気のライブになるのか多少心配だったのも確か。


当日万葉の湯に到着してすぐ会場の大広間に行ってみたら、風呂上りに食事したりくつろいでいる人たちがほとんど。

そんな中でオオフジツボファンはごく少数。

そりゃそうだよね。


昼飯のウーロンハイとラーメンでライブ開始を待つ。


TS3R1050オオフジツボ1

そして13時の第一回のライブ開始。

アコーディオンの藤野さんのやさしいMCもあいまって実にオオフジツボの世界。

ライブ中気になって後方のお客さんをちらちらと見てたけど、すすむにしたがってステージを見てる人が増えてきてた。

やっぱりどんな場所でもちゃんとプロは人を惹きつけるんだなあと納得。

結局暖かい拍手に包まれてアンコールもやって。

堪能堪能。

好きな激しい曲がほぼなかったけど場所的にしかたなし。


さてほんわかした気分で温泉へ。

たっぷり露天風呂につかったあと大広間でぼけーっとテレビを眺めつつ緑茶ハイと餃子でぐだぐだすごす。

こんなのんびりした時間をすごすのはいつ以来だろうか。

生き返った気分。

店もあるし夕方の送迎バスで帰ろうかなと思ってたのにぼけーっとしすぎて乗り過ごしてしまった(笑)

じゃあ18時からの2回目も聞いていこう。


ということで始まった2回目。

晩飯時の温泉客のみなさまでいっぱい。

昼以上にオオフジツボファンはさらに少数派。

という中開始したライブだけど昼よりはなにか激しい感じ。

藤野さんのほんわかMCは相変わらずだったけど(笑)


そして後半チック・コリアの「スペイン」をやりはじめた。

こういう曲をここでやるんだといううれしい驚き。

で、熱い演奏がすごかった。

終わった時は完全にお客さんをひきつけてましたね。

それまで演奏中会話してた人も多かったんだけど、それも少なくなってだいたいがステージを見てた。

なんとなく「やった!」という感じ(笑)


そしてラストが「空駆ける者」。

好きな曲がついに来た。

そしてそのプレイのなんという凄まじさ。

鬼のようなリズムとぐいぐい迫ってくる藤野さんと壺井さんのソロ。

ちらっと客席を見たらみんなステージを見てました。

これは目を離せないよなあ。

見るしかないでしょ。

変拍子の曲で大広間丸呑み。

TS3R1051オオフジツボ2

壺井さんの鬼気迫るバイオリンソロをTwitterで「壺ソロ大炎上」ってつぶやいてた人がいたけどまさにその通り。


終わった時不覚にもちょっとうるっときてしまった。

聞いてたこっちが灰になった(笑)


拍手もすごかったなあ。

元々のオオフジツボファンだけじゃなくみんな拍手してたもんなあ。

みんなをひきつけちゃった。


こんなプレイを、こんな場所と言っては失礼だけど温泉の大広間で味わえるとは。

プロの凄みを感じて圧倒されてしまいました。

いまだに思い出しても興奮する。


最終送迎バスを乗りすごして良かった良かった。


結果的にオオフジツボの違う面を堪能した上に露天風呂でもくつろいでおそろしく満足した祝日でした。

生き返った。

ありがとう、万葉の湯。


今度の日曜日、ミヤタフェスでプログレやフラメンコの曲というなにか場違いなことをやるのにかなり迷いがあったんだけど、がんばろうっと。

もちろんオオフジツボとはレベルが段違いだけど、自分のやりたいことを今の力で全力でやるのみ。

練習練習。


22050218_1720789838227306_8015460464762214638_n


いよいよ今年のオオフジツボ北海道ツアーが迫ってまいりました。

スケジュールを見ると最終の10/9かなあ。

ふとみ銘泉万葉の湯という珍しい場所。

去年は幼稚園、今年は温泉。

つまりライブを見て温泉も楽しめるのか。

温泉入ったらビールも当然。

おお。

行くぞ行くぞ。

CDを持っていって去年もらいそこねたサインを書いてもらおうっと。




アイスと古酒
(バニラアイスと古酒)


ああああああ、いよいよ今年の営業も本日12月30日が最後。

みなさまのご来店心よりお待ちしています。


大掃除?

今日どこかでしなきゃ。

小さい店なんで楽といえば楽。

あちこち拭きまくるぞ。


今年はいろいろとみなさまにお世話になりました。

来年もぜひぜひとも助けていただこうかと心に決める今日この頃(笑)

そして異常な天候は勘弁願いたいよ、神様。

そしてそして訃報は聞かなくてすむ年にしたいよ、神様。


さて年明けは2日より営業してます。

大晦日と元旦は休ませてもらいますが、何しようかな。

やっぱりぐだぐだだらだらーしてるんだろうなあ(笑)


今年もいろいろな音楽を聴いて新しいものを発見したけど、心に残るのがオオフジツボかな。

実際にライブも見にいったしね。

握手もしちゃったしね(笑)

こちらの時間が無くて買ったCDにサインをもらい損ねたのが無念。



この曲なんか後半の盛り上がるところがたまらないたまらない。

毎年北海道に来てるみたいなので、またライブに行けたらいいなあ。

会場は再びこひつじ幼稚園を希望します(笑)

 南1条じゃなくて南16条かぁという勘違いで猛ダッシュで向かったこひつじ幼稚園。

幼稚園、そして園児もいるということを考えてゴジラのTシャツを着て。


副園長さんが「いっぽんゆびのはくしゅ♪」でお客さんを巻き込んで始まったオオフジツボのライブ。

堪能しました。

前半のラストの曲、「空駆けるもの」は奇数拍子好きには極上のご馳走でした。

休憩でその曲が入ってるアルバムを即購入。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

耀の遠心 [ オオフジツボ ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/9/12時点)




後半、期待してた「Alexandrite Set」が炸裂。

ひゃっはー、ですね。

オオフジツボこひつじ


いやあ凄くて楽しかった。

幼稚園という場所がまたなんとも言いようがないいい雰囲気で。

難解なところも多いのに園児たちはちゃんと聞いてたなあ。

立ち上がって手拍子してる子もちらほら。

なにか貴重な体験した気がする。

しかしオオフジツボを味わった園児は大きくなったらどうなるんだろうか(笑)


オオフジツボのみなさん、どうもありがとうございました。

終わってからこっちの時間が無くて、買ったCDにサインをもらえなかったのが残念無念。

でも握手できたからいいか(笑


夜は店に戻って普通に営業、オオフジツボ三昧。

3人なのに音が厚いなあと思って聞いてたライブ。

店でアンプのグラフィックイコライザの動きを見てたら、ギターが低音、バイオリンが高い方でお互いが重なることもなく。

そしてアコーディオンが両方をまたがってる。

盛り上がってくると最低音と最高音を除いて各音域万遍なくという感じ。

改めて目で見てほぉぉぉぉぉぉぉぉ。


しかしあの副園長さん、こひつじ幼稚園恐るべし(笑)

ちなみに「いっぽんゆびのはくしゅ」がこれ。



自分が関わってるライブイベントでもやってみるかな(笑)


あいにくの天候ですが、今日から札幌→富良野→札幌という強行軍のオオフジツボ。

最終日のこひつじ幼稚園のライブを見に行くけど、大丈夫かな。

へとへとになってないだろうかなんてこともちらっと思ったりするけど、いやプロだから大丈夫っすね。



これやってくれるかなあ。

奇数拍子好きにはたまらないぞ。


しかしこひつじ幼稚園。

こういう場所でライブを見るなんて貴重な体験だ。

 主催者さんからのメールによると「ひつじ幼稚園園児の親子も数多くお客様として参加してくれる」だそうで。

 「小さなお子さんですとライブの中で集中力を欠き皆様のご迷惑になることも」とありますが、いえいえ迷惑ではないです。

むしろいい雰囲気になりそうな予感。
 
逆に私を見て園児たちに泣かれる騒ぎになったらごめんなさい(笑)

 
 
オオフジツボ北海道ツアー2016B5_01

 

このページのトップヘ