Music Bar Night Noise blog

ミュージックバー・ナイトノイズ。札幌市中央区南6条西3丁目というすすきの。 ロックやワールドミュージック、プログレッシブロック、ニューエイジ、フォークロック、ハードロックなどをBGMにゆるく飲んだくれております。自家製コーヒー焼酎、氷なしハイボール、日本酒etc

タグ:ケルト音楽

 南1条じゃなくて南16条かぁという勘違いで猛ダッシュで向かったこひつじ幼稚園。

幼稚園、そして園児もいるということを考えてゴジラのTシャツを着て。


副園長さんが「いっぽんゆびのはくしゅ♪」でお客さんを巻き込んで始まったオオフジツボのライブ。

堪能しました。

前半のラストの曲、「空駆けるもの」は奇数拍子好きには極上のご馳走でした。

休憩でその曲が入ってるアルバムを即購入。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

耀の遠心 [ オオフジツボ ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/9/12時点)




後半、期待してた「Alexandrite Set」が炸裂。

ひゃっはー、ですね。

オオフジツボこひつじ


いやあ凄くて楽しかった。

幼稚園という場所がまたなんとも言いようがないいい雰囲気で。

難解なところも多いのに園児たちはちゃんと聞いてたなあ。

立ち上がって手拍子してる子もちらほら。

なにか貴重な体験した気がする。

しかしオオフジツボを味わった園児は大きくなったらどうなるんだろうか(笑)


オオフジツボのみなさん、どうもありがとうございました。

終わってからこっちの時間が無くて、買ったCDにサインをもらえなかったのが残念無念。

でも握手できたからいいか(笑


夜は店に戻って普通に営業、オオフジツボ三昧。

3人なのに音が厚いなあと思って聞いてたライブ。

店でアンプのグラフィックイコライザの動きを見てたら、ギターが低音、バイオリンが高い方でお互いが重なることもなく。

そしてアコーディオンが両方をまたがってる。

盛り上がってくると最低音と最高音を除いて各音域万遍なくという感じ。

改めて目で見てほぉぉぉぉぉぉぉぉ。


しかしあの副園長さん、こひつじ幼稚園恐るべし(笑)

ちなみに「いっぽんゆびのはくしゅ」がこれ。



自分が関わってるライブイベントでもやってみるかな(笑)


店名の由来を聞いてきたのは今のところお一人。

ネットで検索してきた新規のお客さんに

「店の名前ってアイルランドのバンドからですか?」

と、聞かれた時はびっくり。

あてられちゃった。


この曲を初めて聴いた時、かっこよくてかっこよくて。



これ電気の楽器とドラムを入れてやったらプログレだろ(笑)

自分のバンドでレパートリーに入れよう、と決意したのが数年前。

レパートリーに入れる前に「ナイトノイズ」を店名にしてしまったという。

本家ナイトノイズの方は「Nightnoise」とくっついているんですけどね。


ピーター・ガブリエルから 「Bar Big Blue Ball」という名前も考えたんだけど、ちょっと長すぎたため断念。 

このページのトップヘ