Music Bar Night Noise blog

ミュージックバー・ナイトノイズ。札幌市中央区南6条西3丁目というすすきの。 ロックやワールドミュージック、プログレッシブロック、ニューエイジ、フォークロック、ハードロックなどをBGMにゆるく飲んだくれております。自家製コーヒー焼酎、氷なしハイボール、日本酒etc

タグ:プログレ

ちょくちょくこういうランキングがあちこちで発表されますが、眺めてるだけでおもしろい。

今の時代から見ると「プログレッシブ」というよりロックの名曲リストのひとつという感じではありますが。

往年のプログレ名曲を厳選した「ベスト・クラシック・プログレッシブ・ロック・ソング TOP100」を米サイトが発表
往年のプログレ名曲を厳選した「ベスト・クラシック・プログレッシブ・ロック・ソング TOP100」を米ポップカルチャー・サイトPopMattersが発表。

以下はTOP50リスト

以下50は長いのでベスト10を。

10. Genesis: “Firth of Fifth”
(from Selling England by the Pound)

9. Pink Floyd: “Time”
(from The Dark Side of the Moon)

8. Emerson, Lake & Palmer: “Tarkus”
(from Tarkus)

7. King Crimson: “Starless”
(from Red)

6. Rush: “2112”
(from 2112)

5. Jethro Tull: “Thick as a Brick”
(from Thick as a Brick)

4. Genesis: “Supper’s Ready”
(from Foxtrot)

3. Pink Floyd: “Shine on You Crazy Diamond”
(from Wish You Were)

2. Yes: “Close to the Edge”
(from Close to the Edge)

1. King Crimson: “The Court of the Crimson King”
(from In the Court of the Crimson King)

元記事のベスト100を見ながらためしにプレイリストを作ってみた。

ほとんど長尺もの、長い・・・・

5分以内の曲ってほとんど無いんじゃないか(笑)

さすがプログレ。


暗い・・・・・

さすがプログレ。

唯一ジェントル・ジャイアントが健闘してるのかな(笑)




これだもんなあ、プログレは暗いとか長いとか言われるわけだ。

けっしてそんなことはないんですよ(笑)

ほれ。




しかしラッシュが「クラシック」の範疇に入るんだというのがなんというか、自分も年をとった気がしないでもない(笑)
 

もう春が来るだけ、と思ってたんだけど外を眺めてたらふと考えた。

そういえば冬の曲といったらなんだろう。

吉幾三の「雪国」

ふきのとうの「白い冬」

かぐや姫の「なごり雪」

NSPの「さようなら」

GLAYの「Winter Again」

レミオロメンの「粉雪」

あれれ?

日本の古いのしか浮かばないや。

やっぱり日本の歌だと歌詞をちゃんと意識しちゃうからかな。


ということで意地でも海外ものを。



アメリカのインディーズ(?)、ペリカン。

暗い・・・・

暗いけどこのどよーんとした病んでるかのような暗さが、津軽生まれの自分にはかなりツボ。


でもこの曲、日本の北国の冬っぽい。

しかも日本海沿岸。
 
演歌か(笑)


しかし暗い・・・

強引に耳直し。



 
と、ここまできて思い出した。

この曲があったじゃないか。

昔よくカラオケで歌ってたっけ。

 


そういえば店を構えて初めて迎えたこの冬。

ほんとビールを飲む人が減った。

そりゃそうか。

外は寒いもんね。

そんな中ですが誰かビールを飲みにきてくださいな(笑)
 



開店当初は女性ボーカルものが多めで汚れた心を癒してやる、みたいな感じだったんですが、最近おっさんボーカルの比重が高くなってきた気がする。

その代表格。

以前はあまり聞かなかったけど、だんだん好みにはまるようになってきたジェスロタル。

曲調が広くて変化があっておもしろい。

イアン・アンダソンの声とフルートが心地よし。


ぎゃいーんぎゅいーんだけじゃなくて、アコースティック要素が多いロックが受け入れられるようになったかな。

きっと自分も大人になってきたんだろう、ようやく(笑)


ところで「Thick as a Brick」が邦題は「ジェラルドの汚れなき世界」だというのを今頃知りました。

ほんと今頃(笑)



 

このページのトップヘ